用語集[な行]

  1. Home
  2. 読み物
  3. 用語集[な行]

夏コミ

 夏に行われる世界最大の同人イベント、「コミックマーケット」の略称。入場者数は開催期間の三日間で 20 万人を越える。

七夏(ななか)【固有人名】

性別
年齢 -
誕生日 -
身長 -
体重 -
3サイズ -
血液型 -
性格 -
職業 水明温泉の女将
趣味 -
一人称

※本項は「ReSin-ens 遼なる風、彩りの音」の居元シナリオでの設定に基づいて記載しています

 小説「ReSin-ens 〜遼風彩音〜」および「ReSin-ens 遼なる風、彩りの音」シリーズに登場する人物で、同作の脇役。主人公、居元直哉の行きつけの温泉、「水明温泉」の店主。

 何事にも動じず常に落ち着いていて、ReSin-ensに登場する人物の中でも大人っぽい振る舞いを見せる人物の一人。ただし彼女の部屋には小物が沢山あったり、ファー素材の大きなクッションが置いてあったりと、意外と可愛い面も見せてくれる。
 読書が好きだがいつもブックカバーが掛けられており、中身は不明。自室の壁の一面が本棚になっている。
 髪型がショートカットであること以外、彼女に対する描写は「ReSin-ens 遼なる風、彩りの音」シリーズ第二巻の段階で作中にはなく、判明している設定の少なさからも分かるとおり、作者自身も「謎の人物」として設定している節がある。

作中で描写されない設定

※この項目には作中で描写されていない設定が表記されています。

 この設定は2011年11月14日(月)に決定稿となった。

性別
年齢 25歳
誕生日 -
身長 155cm
体重 -
3サイズ Cカップ
血液型 -
性格 -
職業 水明温泉の女将、学生
趣味 -
一人称

 私立鈴木野原大学経営学部(特待生)、7年生(休学4年)。

 好物は和食。料理はできるが、お客さん(おもにおばあちゃん達)からの差し入れが毎日のように届き、ほぼそれだけで食事をまかなっている(差し入れは和食が多いため自然と和食が好きになった)。両親が不仲になり始めた中学生の頃、コンビニ弁当が増えていったのを不憫に思ったお客さんがおかずを差し入れしたのが始まり。

 七夏の両親は七夏が高校を卒業すると同時に離婚。両親ともに子どもを育てられるような人格者ではなかったため、母方の実家(水明温泉)が預かることに。むろん、両親が顔を見せたことはない。
 高い学力により鈴大の特待生の資格(鈴高出身)を持っていた七夏はそのまま鈴大に進学。しかし、祖母が亡くなった後、立て続けに祖父も亡くなったため、3年生終了後の春休みから休学。自分を守り育ててくれた祖母と祖父の形見である水明温泉を守るために奔走する。本来なら休学期間にも限界はあるが、特待生と言うことと、家庭の事情という合わせ技により4年間休んでいる。勉強自体は続けており、いつも読んでいる本の中には経営学部のテキストや本が含まれている。休学中も時折大学の教授とやりとりは続けているようだ。
 水明温泉などの財産は本来なら母親が相続人だが、弁護士に依頼して作られたという正式な様式の遺言状により七夏が相続した。母親は祖父や祖母の葬式に来なかった。

 大学はReSin-ens本編終了後の次の年度から復学予定。卒業論文は温泉やそこで発生するコミュニケーションを題材にする予定である。

登場作品(強調は主役級の役として登場している作品) 

「七回目だっけ ―」【台詞】

 ゲーム会社「minori」が発表したゲーム「Wind -a breath of heart-」のファンディスク、「そよかぜのおくりもの」の中で、鳴風みなもと「丘野真」が性行為に及ぶ直前にやり取りする会話。

「七回目だったか? みなもと、こういうことするのも……。」
「違うよ。八回目だよ、まこちゃん。」

 汎用性の高い台詞。遭遇する確率が高いものに再びぶつかったときなどに使う。数字はそのままで、「こういうこと」の部分を、該当の事象に置き換える。

浪江町 2018年ある日の光景【固有名詞・作品名】

 鈴響雪冬の発行した同人誌のタイトル。通算20冊目。写真集としては4作目。  前作の「大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2016〜」から1年3か月ぶりの新刊。同日に「大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2017〜」も発表しており、2003年以来15年ぶりの新刊2冊となった。鈴響雪冬が発行した同人誌では初となる中綴じの同人誌である。

 2018年4月15日に浪江町で開催されたIngressのイベントに参加した際にその光景に衝撃を受け、以後悶々とした気持ちを抱えながら生活を送る。大槌町の写真集を編集している際に、「浪江町の今を伝える写真集を作ってみたい」という気持ちがわいてきたため、1日だけの写真では足りないと、原稿の真っ最中である同年10月19日から20日にかけて浪江町に泊まりがけで写真を撮影し、収録した。
 2回目の撮影では三脚を使った夜間撮影を行っており、警察に事情聴取を受ける一幕もあった(事情聴取は想定済みだったため、免許証や受け答えの内容はあらかじめ決めていた)。鈴響自身も三陸沿岸に住んでいることもあって、警察官とは被災地の情報交換のような会話や、同じ沿岸に住む人としてこの景色をどう見るかといった質問があった。

 国立国会図書館および福島県立図書館に収蔵されており、自由に閲覧が可能である。

概要
表紙
写真 鈴響雪冬
文章 鈴響雪冬
装幀 鈴響雪冬 
価格 800円
発行 2018年11月25日
絶版 2019年2月17日(完売)
ジャンル 写真集(情報・評論)
長さ 50枚(表紙込み52枚)収録
ページ 28P / 26P (A4)
表紙 マットコート紙135kg フルカラー グロスPP
遊び紙 -
本文 マットコート紙110g フルカラー
印刷・製本 株式会社グラフィック 

前後に発表された作品

  1. 大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2017〜(2018)
  2. 浪江町 2018年ある日の光景(2018)
  3. 大槌町 ここは復興最前線 〜そして空と海と山に抱かれた街2018〜(2019)

鳴風みなも [なるかぜ-みなも]【固有名詞・人名】

 ゲーム会社「minori」が発表したゲーム「Wind -a breath of heart-」に登場する人物で、主役の一人で、主人公「丘野真」とその妹「丘野ひなた」と幼馴染み。
 昔、真ととある誓いをかわしていて、再会を心待ちにしている。才色兼備、容姿端麗、努力家と言うこともあり、多くの男子に告白されているが、全て断っている。
 たこ焼きが大好きで、一人で何十箱も平らげる。
 同ゲーム内では多くの人物が「力」を使えるが、みなもの場合は「(自分の周囲に)風を起こす」こと。

 特技は、問いつめ。ゲームシナリオ上で15分以上主人公に対して問いつめ続けたことがある。

 風を生み出すことから、鈴響雪冬周辺の仲間からは「風神」としてあがめられてる。ちなみに風が強いときはみなもが怒っているときとされ、その理由の多くは多くの場合で真に有るようだ。
 また、たこ焼きが大好きなため、たこ焼きを購入した際は必ずみなもに奉納すること。怒らせると次の日は台風が来る。なお、日本テレビ系列で放送されている番組「どっちの料理ショー」で、たこ焼きが登場した回、関東地方は大型の台風に見舞われた。きっと、『私にも食べさせて』とみなもが叫んだためだろう。
 作中では二種類の髪型を見せてくれるが、鈴響雪冬はお嬢様結びの方が好きなようだ。

ニーソックス [knee (-high) socks] 【名詞】
 ハイソックスの英語表記 [ knee (-high) socks ] から発展したのでは?
 膝下丈のハイソックス。同人世界では「オーバーニーソックス」を略して「ニーソックス」と呼ぶことがあるが、明らかに間違いであり、「オーバーニーソックス」の略は「オーバーニー」。
二次創作 [にじ-そうさく]【名詞】
 既存の作品の本質や登場人物を抽出し、それら抽出した物を使って物語を作ること。
 作品では描かれなかった部分を想像して描く場合と、アフターストーリーとして“その後”を描く場合の二つに大きく分かれる。登場人物などを著作権のある作品から利用するため、著作権的に見ると危険な行為であるが、パソコンゲームの殆どはゲーム会社が、二次創作を許可している。現実的話として、それらのゲーム会社に務めるスタッフの殆どは、二次創作または創作と言った同人業界から流れてきている。

 ゲームに対する二次創作を作った場合、そのゲームの人気によって同人誌の売り上げが左右されるため、ジャンルの流行り廃れが大きく影響する。逆を言えば、カタログを見てそのジャンルに対してどれだけのスペースが割り当てられているか、と言うのを見ると、今日のゲーム業界をおおかた推測できる。
 この分野では、同人作家が新しいゲームをやり始めるとそちらのゲームに関する同人誌を作り始めるため、作家のジャンル移動が激しい。

  • 類似
    • オマージュ
  • 対義
二重影 [にじゅうえ]【固有名詞・人名】
 サークル「雪解け水」の創設者でリーダー。ゲーム「二重影」に間違えられる悲劇の人。思い切り、猪突猛進、企画を立てるのが好き? テンションの高い男性視点の文章が得意。

ヌーブラ [NuBra]【固有名詞・商品名】
 従来のブラジャーとは違い、肩ひも無し、ワイヤー無し、サイドボーン無し………とにかく何もない。あるのはバストを支える二枚のパットと、パットを連結するプラスティックの物体のみ。その構造上、脇や背中に響かないことで一世を風靡。バストアップ効果もあり、女性に指示される用になった下着。
 しかしながら、大多数の男性陣はヌーブラを否定。やはり、見た目が悪いのと、脱がす楽しみが無くなるからであろうか。ちなみに、鈴響雪冬はヌーブラ否定派。「悔しかったらレースでもつけてみなさい」と本人は語る。本当のおしゃれは下着から…と言うことだろうか。

ねこみみ
  1.  猫のような形をした耳。また、猫の耳。
  2.  (平仮名限定で)猫のような形をした耳を頭に取り付けた物、また取り付けること。基本的にヘアバンドに耳がついている物と考えればよい。普通のキャラクターを瞬時にして魅力的にしてしまう魔法のアイテム。男女ともに使用可能。「しっぽ」と併用すると攻撃力がアップする。
    |参照| 乙女心+√ネコミミ=∞

     時ノ沢夏菜の装備品のひとつ。

     神代柚木の装備品のひとつ。呪い効果があるらしく、柚木以外に取り外すことが出来る人がいない。本物志向で、取り付けると通常の「ねこみみ」の効果に加え、「素早さ上昇」「逃走能力アップ」が加えてあり、性感帯に「耳の中」が追加され、実際に動かすことも出来る。

  3.  人種のひとつ。人間の亜種のひとつと考えられ、その姿は人間そのもの。耳としっぽが発達し、それらは猫にそっくりである。

    【― メイド】
     「ねこみみ」と「メイド」を融合したもの。この場合、「しっぽ」は必要不可欠になる。

ネグリジェ [neglige]【名詞】
 ワンピース型の寝間着、あるいは化粧着。柔らかい素材を用い、ゆったりとした形で、フリルやレースなどの装飾がついた優雅なデザインが多く、ほとんどの場合袖はフレンチ袖と呼ばれる短めの袖。本来の意味は「無造作な、くつろいだ」というものであるが、その名の通り、締め付けられる感覚がない。

 形状がワンピースであるためか、ワンピースが好きな鈴響雪冬の小説には頻繁に登場する。作品中で描写されているだけで、時ノ沢夏菜音瀬紗遼風彩音がネグリジェを着ていることを確認されている。
|参照| AMSTG450 MSTG463 NGJ 白

寝間着 [night clothes]【名詞】
 寝るときに着る服のこと。
|参照| パジャマ ネグリジェ ナイトドレス

脳内補完 [のう-ない-ほ-かん]【名詞】
 第三者が作り出したものの足りない部分や欠けている部分を自分で補うために行う妄想・想像のこと。ストーリーが途中半端で終わっているときに自分でその後のストーリーを考えることを主に指す。作者がエッチなことを取り上げたとき、「後は想像にお任せします」と言ってストーリーを終わらせることがあるが、それも含まれる。
 このサイトの日記では多く用いられる。
ノンブル 【名詞】
 出版物のページ数を示す、出版業界の専門用語。一般的にはページ数などと置き換えられる。
 ウェブ上では引用元にULIを記載するが、本の場合には冊子名に加えこのノンブルを併記することが多い。故にノンブルはURIと同じように冊子の中で別のページに同じ数字が割り当てられることは許されず、それが容認されたときは本の秩序が乱されるときでもある。
 通常、ノンブルはページ数と等価である。オタク文化での同人誌のように表紙をもページ数に数えると言った例外を除いて、ノンブルはその紙面のページ数と同じになる。そのため、一般書籍では普通、表紙や裏表紙、遊び紙はページ数に含まれず、故にノンブルも振られない。(同人誌の場合、表紙を捲った本文1ページ目に3とノンブルが振られていることがある。これは24ページの同人誌と表記した場合、うち4ページが表紙、本文は20ページという同人誌独特の換算方法に影響されると考えられる。)
 ノンブルを振る基準にはこのように幾つかあるが、迷った場合は、本文用紙が使われ始めた1枚目を1ページ目とすると良い。
 漫画などのビジュアル製が強く要求される本にはこういったページ番号が負荷されていないページがあるが、それは目に見えない範囲にノンブルがある(閉じられている側や、断ち落としする前の紙にノンブルがあった〈後者は隠しノンブル〉)可能性が高い。
初出: 2004年06月16日
更新: 2019年04月16日
著者: 鈴響雪冬
Copyright © 2004-2019 Suzuhibiki Yuki