サークル紹介 雪待終夜

Top > 同人サークル > サークル紹介 雪待終夜

同人サークル「雪待終夜」

 同人サークル「雪待終夜」は、鈴響雪冬の個人サークルです。
 2002年から創作文芸(創作一般)で活動を始め、2006年から現在のサークル名で活動しています。
 COMITIA(東京都)、CRUSH!(岩手県)を中心に参加しています。
 詩唄いとのサークル連合「希望風」名義で活動を行うこともあります。

サークル名の由来

「ねえパパ。今年は何時雪が降るの?」
「今夜あたり、降るかも知れないね」
「本当!? じゃあ、私、雪が降るまで起きてる!」


「どうして起こしてくれなかったの! パパ」
「あんまり気持ちよさそうに眠っていたからね」

 まるで、サンタクロースがやってくるまで起きてると言った割には、結局眠ってしまう可愛らしい子供のような―――そんな感じ。たぶん。
 雪待終夜の雪待は、11月の旧名称、「雪待月」から取っています。

「小説好房〈雪待終夜〉」とは?

 同人誌の奥付で「小説好房〈雪待終夜〉」という記述をする場合がありますが、あくまでも謳い文句で、深い意味はありません。サークル名はあくまで『雪待終夜』です。

イベント参加時のスペースについて

スペース

 スペースの前で足を止めて下さってありがとうございます。興味がある本がありましたら、どうぞごゆっくり試し読みして下さい。

見本誌

 透明なカバーを掛けた見本誌を一冊ずつスペースに用意してあります。
 そうさく畑のように、見本誌置き場が他にある場合を除いて、見本誌は一冊ずつしかありません。ですので、他の方が読んでいる場合はお待ちいただくことになります。貴方の順番が回ってきたら、気になった本からどんどん読んでみて下さい。
 熱心に読んでいる方に声を掛けると言うことはまずありませんのでご安心下さい。

 見本誌には、本のタイトル、傾向、紹介文(あらすじ)、値段を纏めた紙を添付しています。これを「帯」と読んでいます。作品の方向性や、刺激する属性などを簡単に纏めていますので、本選びの際の参考にしてみて下さい。
 最近ではレイアウトの都合上、全ての帯を一目で見ることは出来ませんので、見本誌を好きなだけ漁って下さい。

無料配布物

 ペーパーや栞は無料配布物としていますが、数を沢山作れないため、買っていただいた方にのみ進呈する場合が殆どです。ですので、スペースの前にそれらが置いてあると言うことは希です。あらかじめご了承ください。

売り子

 イベントに関しては、私が直接参加していますので、殆どの場合で私がスペースにいるかと思います。ですので、質問や世間話がある場合は気軽に声を掛けてみて下さい。スリーサイズといったこと以外なら頑張って答えます。
 多くの場合、私はノートにシャーペンを走らせているかと思いますが、「邪魔しちゃ悪いかな」とは思わず、声を掛けて下さい。ノートにシャーペンを走らせているのは、暇をもてあましている証拠なのです。

 極まれにですが、私以外の方が売り子をしている場合がありますが、何時頃に戻ってくるかを売り子にたずねていただければ、答えられるようになっているかと思います。

 なお、売り子は基本的にデリケートです。「既刊全部」や「新刊全部」という声を聞いただけで混乱するぐらいピュアな心を持っています。ですので、多少の混乱は「ドジっ娘」といった脳内補正で、適時萌えキャラに変換してお楽しみ下さい。

買う!

 もし、貴方の欲しい本があった場合や、予約した本(基本的に大イベントでのみ受け付けています)を取りに来た場合などは売り子に声を掛けて下さい。前者の場合は欲しい本を、後者の場合は取り置きしたときの名前を教えていただければ、売り子が全力で本を探します。スペースの上に置いてある本も基本的に私が取るようにしています。
 本を探したり、栞を入れたり、ペーパーを入れたり、本を袋に詰めたりする都合上、多少時間が掛かってしまいますが、その辺りは適時「不器用キャラ」と萌えキャラに変換して―――。

 十分に気をつけていますが、売り子自身が計算を間違えることがありますので、今一度、売り子が提示した金額をお確かめになることをお勧めします。

終わり

 つらつらと書きましたが、基本的には売り子が混乱するといった事以外では、何ら他のサークルと変わらないと思います。昔から「気軽に」を心情にサークル参加していますので、気になることがあったらどんどん声を掛けてみて下さい。

 それでは、イベント会場でお会いできることを楽しみにしています。

初出: 2006年06月13日
更新: 2017年05月14日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2006-2017 Suzuhibiki Yuki