大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集〜 シリーズ

  1. Home
  2. 同人サークル
  3. 作品紹介
  4. 大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集〜 シリーズ

 被災前の美しい景色の写真、地震や津波、火災が町を襲う写真、被災直後の写真は、新聞社、自衛隊、自費出版など、様々なところから出版されています。そして、三陸の書店はもちろん、道の駅や土産物店には、必ずと言っていいほどこれら本やDVD・BDを取り扱ったコーナーが設置されています。大きな書店であれば東北から遠く離れていた場所でも手に取ることができるでしょう。

 それでは、「今」はどうでしょうか。
 町民や技術者が一歩一歩進む姿を、どれだけの人が知っているでしょうか。

 「今」はなかなか伝わりません。伝えてくれる人もほとんどいません。
 この本は、そんな「今」を住民目線の写真で綴った大槌町の復興記録写真集です。

シリーズ作品一覧(全3巻)

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2015〜

発行日
2016年8月21日(COMITIA117)
ページ数など
A4サイズ、108ページ、オールカラー
定価
紙の本: 2000円(初版のみ1800円)
電子版: 1800円
主な収録写真(390枚)
  • 2015年度の写真
  • 2014年1月〜2015年3月の写真
そのほかの収録写真(34枚)
  • 末広町まちびらき式
  • 源水大橋開通式 など

紙の本を購入する

 2018年2月21日に再販分を含めて完売しました。

電子版を購入する

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2016〜

発行日
2017年8月20日(COMITIA121)
ページ数など
A4サイズ、118ページ、オールカラー
定価
紙の本: 2000円
電子版: 1800円
主な収録写真(458枚)
  • 2016年度の写真
  • 県道開通式
  • 物故者納骨堂
そのほかの収録写真(25枚)
  • 現場のスナップ写真
  • 大槌町の風景写真

紙の本を購入する

 2018年6月2日に再販分を含めて完売しました。

電子版を購入する

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2017〜

発行日
2018年11月25日(COMITIA126)
ページ数など
A4サイズ、170ページ、オールカラー
定価
紙の本: 3000円
主な収録写真(537枚)
  • 2017年度の写真
  • 末広町よ市
  • 信号機設置
そのほかの収録写真(217枚)
  • 2018年度の写真
  • おしゃっち(上棟式、オープン)
  • JR山田線の復旧模様(町方地区内)
  • 地区内5か所の定点観測
  • 大槌町役場旧庁舎

紙の本を購入する

 同人誌即売会、または通信販売にて取り扱っています。

直接頒布(同人誌即売会)

 参加が確定したイベントはまだありません。

委託頒布(同人誌即売会など)

委託頒布を予定しているイベント、書店は以下の通りです。すべて2019年内の予定です。

4月8日〜6月8日「かの書房」様(北海道札幌市豊平区美園3条8丁目2-1)
「貸本棚」に陳列されています。
5月6日「文学フリマ東京28」(東京・TRC)
チ-12「CafeCappucci」様
5月26日「杜の奇跡28」(宮城・仙台市中小企業活性化センター(AER:アエル))
「おねがい天国」様
6月9日「文学フリマ岩手4」(岩手・岩手県産業会館)
「CafeCappucci」様
6月15日「旅チケット」(東京・綿商業会館)
「CafeCappucci」様
8月3日〜8月18日「ART BOOK TERMINAL TOHOKU 2019」(盛岡・Cyg art gallery)
申し込み予定。
通信販売

 「BOOTH」にて通信販売を行っています。(決済手数料込み3200+送料)

電子版を購入する

 現在、紙の本の在庫が潤沢にあるため、電子版の発行は2019年11月頃を予定しています。

注意事項、お知らせ

初出: 2019年01月10日
更新: 2019年03月29日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2019 Suzuhibiki Yuki