大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集〜 シリーズ

  1. Home
  2. 同人サークル
  3. 作品紹介
  4. 大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集〜 シリーズ

 被災前の美しい景色の写真、地震や津波、火災が町を襲う写真、被災直後の写真は、新聞社、自衛隊、自費出版など、様々なところから出版されています。そして、三陸の書店はもちろん、道の駅や土産物店には、必ずと言っていいほどこれら本やDVD・BDを取り扱ったコーナーが設置されています。大きな書店であれば東北から遠く離れていた場所でも手に取ることができるでしょう。

 それでは、「今」はどうでしょうか。
 町民や技術者が一歩一歩進む姿を、どれだけの人が知っているでしょうか。

 「今」はなかなか伝わりません。伝えてくれる人もほとんどいません。
 この本は、そんな「今」を住民目線の写真で綴った大槌町の復興記録写真集です。

シリーズ作品一覧(全4巻)

 2015は2015年度(盛り土、宅地整備)、2016は2016年度(盛り土、宅地整備、住宅再建)、2017は2017年度(宅地整備、住宅再建)、2018は2018年度終盤(大槌IC開通、三陸鉄道開通)が主な収録範囲となっています。
 2015から2018のそれぞれの収録範囲についてはこちらの画像も参照してください

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2015〜

発行日
2016年8月21日(COMITIA117)
ページ数など
A4サイズ、108ページ、オールカラー
定価
紙の本: 2000円(初版のみ1800円)
電子版: 1800円(iBooks除く)
主な収録写真(390枚)
  • 2015年度の写真
  • 2014年1月〜2015年3月の写真
そのほかの収録写真(34枚)
  • 末広町まちびらき式
  • 源水大橋開通式 など

紙の本を購入する

 2018年2月21日に再販分を含めて完売しました。

電子版を購入する

図書館で借りる

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2016〜

発行日
2017年8月20日(COMITIA121)
ページ数など
A4サイズ、118ページ、オールカラー
定価
紙の本: 2000円
電子版: 1800円(iBooks除く)
主な収録写真(458枚)
  • 2016年度の写真
  • 県道開通式
  • 物故者納骨堂
そのほかの収録写真(25枚)
  • 現場のスナップ写真
  • 大槌町の風景写真

紙の本を購入する

 2018年6月2日に再販分を含めて完売しました。

電子版を購入する

図書館で借りる

大槌町 ここは復興最前線 〜震災復興記録写真集2017〜

発行日
2018年11月25日(COMITIA126)
ページ数など
A4サイズ、170ページ、オールカラー
定価
紙の本: 3000円
電子版: 2800円(iBooks除く)
主な収録写真(537枚)
  • 2017年度の写真
  • 末広町よ市
  • 信号機設置
そのほかの収録写真(217枚)
  • 2018年度の写真
  • おしゃっち(上棟式、オープン)
  • JR山田線の復旧模様(町方地区内)
  • 地区内5か所の定点観測
  • 大槌町役場旧庁舎

紙の本を購入する

同人誌即売会など
通信販売

 通信販売用の在庫はなくなりました。同人誌即売会または電子書籍をご利用ください。

電子版を購入する

図書館で借りる

大槌町 ここは復興最前線 〜そして空と海と山に抱かれた街2018〜

発行日(予定)
2019年8月25日(COMITIA129)
ページ数など
A4サイズ、72ページ、オールカラー
定価
紙の本: 1500円
電子版: 制作予定あり、配信ストア・時期ともに未定。
主な収録写真(128枚)
  • 大槌IC開通
  • 大槌町役場旧庁舎解体
  • 三陸鉄道リアス線試運転
  • 大槌駅落成
  • 三陸鉄道リアス線開通(JR山田線、海側区間復旧)
  • 2019年4月の町方地区
そのほかの収録写真(51枚)
  • 岩手県沿岸南部(宮古市から陸前高田市)の風景写真

紙の本を購入する

同人誌即売会など
通信販売

 9月1日より「BOOTH」にて通信販売を行う予定です。

電子版を購入する

 電子版の発行予定はありますが、発行時期および配信ストアは未定です。紙の本の頒布状況次第ですが、2020年になると思います。

図書館で借りる

注意事項、お知らせ

初出: 2019年01月10日
更新: 2019年08月06日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2019 Suzuhibiki Yuki