イベントレポート「制服コレクション」

  1. Home
  2. 読み物
  3. イベントレポート
  4. 制服コレクション

イベント情報

申込み状況・配置

D-03 雪待終夜

頒布予定作品・お品書き

 制服は制服でも職業制服での参加です。また、小説に挿絵はありません。あなたの好きなデザインを思い浮かべながらお読み下さい。

 昨今の紙の値段の上昇などを反映し、このイベントより小説の値段を改定しています。あらかじめご了承下さい。

参加者

概要

記録

イベントレポート

参加を決意するまで

 新しいイベントの第一回目というハレの日に台風が直撃することがわかって即座にイベントの日程を変更した「制服コレクション」。イベントの存在そのものや日程変更については相互フォロワーのリツイートで知っていたのですが、ジャンルが全く違うので当初は参加する予定は全くありませんでした。
 しかし、イベントの延期に伴ってサークルを追加募集すること、そして相互フォロワーのその方が「職業服も制服ですよ」とそそのかしてきたので、「そっかー」と軽い気持ちで参加する方向で考えることにしました。ただ、このためだけに上京するというのはやっぱりハードルが高くて、この時都内のとあるお店で開催されていたコラボカフェに行きたいというのも理由のひとつになりました。本当にいろいろなタイミングが重なったイベントですね。
 開催の前の週は名古屋COMITIAに一般参加しているので、連続での新幹線移動です。

 閑話休題。
 ショコラ、良縁は仕事着が登場しますのでイベント条件に合致します。ですがさすがにそれだけでは少ないです。イベント申し込みは決断したものの、もう一つ何かほしい。
 何を思ったのかわたしはイベントまで後二週間というその日に新刊を作ることを決意します。追加の申し込み締め切りまで一週間、この一週間でプロットを作り切れたら申し込みしようそう思ってプロットを練り始める日々が始まります。
 イベントまで期間が短いということもあって半年前まで参加していたpixivファンタジアLast Sagaの自キャラを使って制服を作る物語を作ろう、という骨子ができたのは割と早いタイミングだったと思います。それでも一週間ギリギリまで時間をかけてプロットを作り、「よし、これならいける」と申し込みに踏み切ったのは、〆切最終日、残りの枠が1サークルになってからでした。
 ここから怒濤の一週間で原稿です。怒濤すぎて今となってはどうして完成したかはわかりません。ただ、イベントのための上京前日の23時59分に後書きを書き始めたことは後書きに記録として残っているのではっきりしています。その後数時間で印刷をして表紙を切ったところでタイムアップ。続きの製本はホテルでと相成りました。何年か前にホテルにホッチキスを持ち込んで製本したこともありましたが、今回は表紙の接着だけなのでずいぶんと成長しましたね!

プリンターで表紙を印刷する様子
α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)

 写真は上京当日(イベント前日)の午前4時28分に表紙を印刷する様子。成長しましたね………?

イベント本番

 イベント当日はあいにくの雨で、主催者も不運に嘆いていましたが台風よりはマシです(笑)。いつも使うホテルから電車で一本というのもあって会場入りはとても快適でした。

いつもと雰囲気の違うディスプレイ。A6サイズのPOPが見当たらない。
RX100III(DSC-RX100M3)

 今回のディスプレイはいつもと雰囲気が違う仕上がりです。今回のイベントから小説の値段が変わっているのですが、帯を差し替えるのは覚えていて間に合ったのですが、A6サイズのPOPのことはすっかり忘れていたのです。POPスタンドもPOPも持ってきているのに、肝心のPOPを使えないなんて悲しいですね。

POPスタンドで見本誌を裏から支える
RX100III(DSC-RX100M3)

 全部平積みだけにするのは寂しいので、POPスタンドをうまく活用して見本誌を少しだけ目立たせてあります。涙ぐましい努力です。

 イベントそのものは小規模で、地元のイベントやCRUSH!の雰囲気と近いです。オンリーと言うことで言えば、人外オンリーの「人間じゃない♪♪」(第2回)に参加したときの思い出したりもします。
 このイベントのおもしろいところは、画廊を借りて制服イラストを展示したいに端を発している(画廊が高い、会議室でやろう、じゃあ同人誌即売会形式がいいよねと開催に至っている)のもあってか、イラスト展示だけでも参加できるのです。会場にいなくてもイラストやポストカードを頒布できるというもので、個人的には個人用PCを持つ人が減り、スマホやタブレットに直接書いたり、直接入稿したりする時代にとてもあっていると感じました。同人誌を出したことがない若い層に受けが良さそうですし、手書きのイラストをコピーしてラミカを作る感覚でイラスト展示できるんじゃないかなと思います。
 また、主催者が洋裁好きということもあって、イベントそものの制服があります。これがジャンパースカートなのでジャンスカ好きとしては最の高ですね。創作文芸関係で何冊か本を購入している「あきらつかさ」さんも女装でその制服を着ていてすごいなあと思いました。こんなにかわいい子が女の子のはずがなry。

 同人誌もイラストもいくつか購入し、珍しい作品の二次創作もあったりして制服(主にジャンスカ)好きとしてはだいぶ楽しませていただきました。さすがに作品の毛色が違いすぎるのでサークル参加はこの一回だけになるとおもうのですが、一般参加としてはまた参加したいイベントでした。

イベントの後

 帰り際には雨も上がり、使ったポスター無料で差し上げますということだったので一枚頂き、水天宮で御朱印をいただいた後に傘を忘れたことを思い出して会場に取りに戻ったり、新幹線の時間が迫っていたのでタクシーに乗ったら今日は「即位礼正殿の儀」の関係で交通規制が多くて遅れるかもしれませんと言われたり、そのタクシーが新人さんで曲がるところを間違えそうになって急ブレーキだったりといろいろありましたが無事に新幹線に乗ることができました。
 なんだか最初から最後まで波乱だった気がしますが、終わりよければすべてよしです。ありがとうございました。

新幹線でビールとシュウマイで乾杯
RX100III(DSC-RX100M3)

初出: 2020年02月14日
更新: 2021年02月24日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2020-2021 Suzuhibiki Yuki