イベント報告

Top > 読み物 > イベント報告 > COMITIA121

COMITIA121

イベント情報

当日の全配布物一覧

参加者

概要

記録

イベントレポート

事前準備

 去年よりもさらに一ヶ月早い5月28日に告知ページ(新刊紹介ページ)を作成し、情報公開を始めます。この時期にした理由はたった一つで、6月に入るとコミケの当落が判明してTwitterのタイムラインがコミケ一色になるので、それよりも前に情報を出していこうと思ったからです。ちなみにこの段階ではまた申し込みが終わっていなかったので、配布イベントの欄は「COMITIA121(予定)」と書いていました(笑)。
 その後は二週間に一度ぐらいのペースでページを更新し、入稿を終えた8月3日の段階で最終更新をかけました。

 この告知ページ、普段はイベントページに諸々の告知を集め、去年もそのように作ったのですが、イベントページはどんどん最新の情報に書き換えてしまうので、その形跡が全く残りません。専用の場所(URL)を作っているサークルも多いようですが、去年はそこまで考えが及びませんでした。かといってただでさえ大規模な私のページで新しいディレクトリを作ってそこに情報を集約するというのは管理の上でもあまり現実的ではないように思います。
 そこで、恒常的に情報が残り、アドレスが変わることがない作品紹介ページをイベント終了までの間イベントページとして装飾するという形を取りました。具体的には最初に頒布するイベントなどを案内した広告画像を1枚いれ、冊子紹介の後ろにイベントの案内や同時に頒布する既刊情報を書き加えたものです。
 冊子紹介ページはイベント終了後も同じアドレスのまま残りますし、イベントが終わったら広告画像を撤去するだけなのでメンテナンスも楽ちんです。

 原稿そのものは至極順調で、入稿後に致命的ミスを発見してデータの差し替えを行った以外は大きなミスもなく、去年よりも効率的に進められたと思います。

イベント前日とその前の週

 イベント前日は去年と同じように一関市で行われた「全国地ビールフェスティバルin一関」と、それにおんぶにだっこで開催されたIngressのイベント「(unofficial)Capture The Agent〜M(仮)にタックル2017〜」に参加しました。イベントの感想は後日日記にでもまとめます。
 こちらも去年と同様にIngressのイベントの脇で写真集を頒布しました。この日は結局2015を3冊と2016を4冊を頒布しました。実は8月7日に一関で配る予定だった本を5冊配っているので、即売会の前の段階で12冊配っていることに。いやはや本当にありがとうございます。一冊500グラム以上ある本を12冊も運ばなくて済んだのも良かったですね。
 即売会前日にIngressで1万8000歩も歩き、16時から地ビールをたくさん飲み、18時からは一関の名店とも言われる「山海」で二次会をこなした後、20時21分発のやまびこ58号で東京に向かいます。
 ホテルは最近お気に入りの神田のホテル。休前日は一泊1万円ですが、日曜日から月曜日にかけては5000円になるので相殺されて一泊7500円とまあまあの値段。部屋は都内のビジネスホテルにありがちなスーツケースすら広げる場所が無いという事もないので重宝しています。ですが有名になると困るのでホテル名は非公開で(笑)。

 一関では3名の方に本をお渡ししたのですが、そのうちの一人に付き添いで来ていた方が「一関まで本を買いに行くというからどんな本か気になって見に来た」と言っていて、現物を見たら「あー、これはわざわざ買いに来る価値がある。素晴らし活動だ」と言って下さりました。ありがとうございます。

イベント当日

 神田から山手線で新橋に移動し、新橋からゆりかもめで会場正面へ。いつものようにビッグサイトの写真を………と言いたいところですが、改札を抜けたところで「こねこねこ」の「ゆうさく」さんと出会ったのでそのままビッグサイト方面へ。お互い参加するイベントが重なっていなかったので、たぶん2年ぶりの再会でしょうか。お久しぶりです。
 入り口付近でゆうさくさんと別れ、セブンイレブンで買い物。水、ポカリスエット、サンドイッチ、UCCの缶コーヒーといういつもの商品を買い込み、会場の中へ向かいます。


α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F8.0, ISO100, 36mm(35mm equivalent focal length)
Development in Adobe_Lightroom

 と、ここでいつもの構図の代わりに1枚。もう何度このゲートをくぐったでしょうか。

 入り口脇のカタログ販売スペースでティアズマガジンを購入し、サークル入場証を渡していよいよ中へ。会場の中はほどよくエアコンが効いていて過ごしやすい環境です。自分のスペースに一度バッグを置き、宅配便の荷物が展開されている場所から段ボールを2箱回収します。A3サイズ、高さ15センチ程度の段ボールですが、クロネコヤマト取り扱いサイズぎりぎりの22kg。このサイズでこの重さですが、1箱に40冊しか入りません。新刊の重みを感じます。1箱は新刊でぎっしりでしたが、2箱目は2/3程度しか入っていないため、上の部分が多少つぶれていますが、これは去年も同様だったので想定内。梱包もそれを前提に行っているので中身は大丈夫でした。
 チラシを片付け、布を敷き、新刊と既刊を並べ、今回は宅配で搬入したA3のボードも置くとスペースが完成します。


α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F8.0, ISO5000, 36mm(35mm equivalent focal length)
Development in Adobe_Lightroom

 サークル巡回受付は9時30分から始まるのですが、スペースに着いた直後1巡目が来て対応できなかったので、そのままの状態で2巡目が来るのを待ちますが、なかなか巡ってきません。そこで順序は逆ですが「こねこねこ」のスペースへ向かいます。
 「こねこねこ」さんをはじめとして群馬の同人サークルがいくつか集まって行っている「ぷろじぇくと Keep on Smile!」へのお礼もかねて新刊と既刊を持って伺います。こプロジェクトは同人誌を作り、その売り上げの全額を赤十字に寄付するというプロジェクトで、数年にわたって活動しているようです。参加するサーのクルも徐々に増えているとか。復興応援企画に答えるなら復興記録写真集でしょ、ということですね。
 2年ぶりの挨拶だったので「そんなことやってたんだ」などと言われつつ新刊を交換して今日の挨拶は終了です。
 参考までに「文真堂のアニたまに委託していた同人誌はどうなりました?」と聞いてみたら「そのまま放置してる。連絡もないから売り上げも0なんだろう」という答えでした。私も気にはなっているのですがいろいろあって連絡も取りづらいですし、前に送ったメールの返事は来てないしということで、このまま放置プレイを決め込もうと思います。

 スペースに戻ると程なくして巡回受付をしていただき、開場を待ちます。

 10時になる少し前からBGMが流れ始めると程なくして開場の挨拶があり、いよいよCOMITIA121の開幕です。

イベント百景

イベント(新刊)を振り返って

 去年の評判が良かったので今年も…と思っていた部分もあり、COMITIA当日としてはちょっと辛い結果に。ぼかして言えば去年の半分程度でした。内容的には「突き刺さる人」もいるとは思うのですが、私自身の情報を広げる力や当日のアピールの低さも相まって、思ったより部数が伸びなかったというのが正直な感想です。
 そもそも夏のコミティアはコミケの翌週ということもあり、サークルも一般参加も少ない傾向にありますけど(それでも昔よりはだいぶ増えてる)、そんな中で去年の頒布数は例外だったのでしょう。もちろん私自身の実力不足も大きいのですけど。
 打ち上げというか詩唄いとハルハルさんの結婚祝いを兼ねた食事が終わり、ホテルに戻るまでは結構浮かない気持ちだったと思います。シャワーを浴びてベッドに寝っ転がり、Twitterで「大槌」と検索したときに現れた1件の感想を読むまでは。その感想を読んで全て吹っ飛びました。この瞬間、COMITIA122への参加を申し込もうと誓いました。我ながら単純なものです。
 ということで、今後のイベント参加予定ですが、

の予定です。一つ目の「はなけっと」は当初様子を探っていたのですが、勢い余って申し込んでみました。今回初開催ということもあって前情報は何も無いのですが、イベントの立ち上げに参加してみたいのです。

宴の始まり

 2箱で搬入した同人誌を2箱のまま搬出し(戦利品も一緒に)、新宿のお店で詩唄いとハルハルさんと合流。


α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F2.8, ISO640, 36mm(35mm equivalent focal length)
Development in Adobe_Lightroom

 ということで、おつかれさまー!
 本日は土佐料理を提供してくれるお店です。チェーン店らしいですけど、こだわりの藁焼きで店内はいい香りです。


α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F2.8, ISO1000, 36mm(35mm equivalent focal length)
Development in Adobe_Lightroom


α6300(ILCE6300) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F2.8, ISO1000, 36mm(35mm equivalent focal length)
Development in Adobe_Lightroom

 お土産のサヴァ缶6缶をキャストオフして荷物を軽くすると、いよいよ料理が運ばれてきます。
 話題の中心は相も変わらず同人だとかPFだとかアニメとか歴史の話。詩唄いの新刊の構想も少し聞いてきましたけど、なかなか面白そうでした。

 宴はそのまま21時頃まで続き、それぞれの家路につくのでした。

初出: 2017年09月05日
更新: 2017年09月05日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2017 Suzuhibiki Yuki