作品紹介

  1. Home
  2. 同人サークル
  3. 作品紹介
  4. ReSin-ens 遼なる風、彩りの音

ReSin-ens 遼なる風、彩りの音

死。
それは別れの時である。
死。
それは人を強くする。
死。
それは歩むべき道を見えなくする。死。
それは、三人の未来を変えた。

出会いがあるならば、別れがある。
知っていた。
分かっていた。
理解していた。
…していた、つもりだった。
全ての死の場面は、「つもり」だった心に現実を刻みつけ、同時に世界を変えた。
だから誓った。
私はもう、上辺だけの付き合いしかできないと。
俺はもう、恋なんてしちゃいけないんだと。
あたしはこれから―――。

出会い。
それはきっかけである。
出会い。
それは人を弱くする。
出会い。
それは歩むべき道を変える。
出会い。
それは、三人の運命を変えた。

生きることは出会うこと。
生きることは別れること。
だからこそ、三人は出会った。
そして、やがて別れる。
三人は知っていた。この出会いが、やがて別れに繋がると言うことを。
三人は分かっていた。この出会いが、やがて自分を傷つけると言うことを。
三人は理解していなかった。この出会いが、再び自分の世界を変えると言うことを。

一人の少年と一人の少女。
一人の少女と一人の少女。
少年と少女の前に、彼女は現れた。

彼女が笑った。
二人は混乱した。
彼女が笑った。
二人は迷った。
彼女が笑った。
二人は落ち着いた。
彼女が笑った。
二人も笑った。
気づいたときには遅かった。
気づいたときには側に居た。
例えればそれは風のような存在だった。
彼女はもう隣にいて、また、笑った。

目と目が互いを映し合い、心と心が互いにぶつかり合い、言葉と言葉が互いを傷つけていく。
表面上の拒絶を引き剥がされ、乗り越えたと思っていた過去を晒され、心深いところを抉られたとき、果たして人は強気でいられるのだろうか。それでも立っていられるのだろうか。それでも一人で生きていられるだろうか。

ある時から止まっていた月と太陽の巡りが音を立てて動き始める。
時間は過ぎ、空は巡り、季節は流れていく。
やがて訪れる「終わり」は、どのような形なのだろうか。

でもきっとそれは…予想可能な結末を迎えるだろう。何故なら人は、誰かと共にあるのだから。

どうしようもなく純真な心を持つ少年と少女の物語。

ReSin-ens 遼なる風、彩りの音。

シリーズ全四巻(予定)

  1. 第一巻 降りしきる雪
  2. 第二巻 夜空に輝く月
  3. 第三巻 肌を掠める颯
初出: 2007年10月9日
更新: 2012年5月13日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2007-2012 SUZUHIBIKI Yuki