イベントレポート

Top > 読み物 > イベントレポート > COMITIA112

COMITIA105

イベント情報

当日の全配布物一覧

参加者

概要

記録

イベントレポート

 スタジオYOUの開催する刀剣乱舞のオンリーと同日開催となり、2000SPだったイナイレのオンリーですら大惨事だったのに4000SPなんて集めたらどうするの…という不安の中のイベントでしたが、蓋を開けてみたら刀剣乱舞のほうはサークル入場に多少戸惑ったものの、全体的には穏やかに終わったと思います。というかむしろ、会場内の様子をあたかも悲劇が起きているかのような情報を流す人が多くて、そっちの方が酷かったかなと。
 サークル入場の列整理の仕方をCOMITIAのスタッフに注意されていた以外はそつなく終わっていましたね。YOU側のスタッフが20人しかいないとかいう嘘ツイートも出回っていましたけど、サークル入場受付だけで軽く20人は越えてますしね。スタジオYOUはサークル参加でもパンフレット購入なので入場に時間がかかるのですけど、今回は15ラインぐらいで受付処理をしていて、その光景を上から見た時は思わず笑ってしまいました。本気出してきたな、と。

サークル入場

 さて、そんな前置きはともかく、いつものようにイベントレポートというなの行動録を。こういう形でイベントレポートを書くのって実に2年ぶりなんですよね。今年はしっかりしなきゃ。

【写真】うどんの屋台が並ぶビッグサイト前エントランス広場 駅を降りると最大の同時開催イベントとも言われたうどん日本一決定戦の準備が始まっていました。今回の同人誌即売会は、COMITIA、刀剣乱舞、四国の合同開催ですからね(違)。それにしても、メインスタジオというか司会者か何かが登壇するエリアが、日本一決める感半端ないんですよ。主に背景のせいで。
 刀剣乱舞と同時開催と言うこともあって、いつもの風景と全然違うのは、女性の多さです。詩唄いが当日の朝の移動の時に電車の中の男女比が明らかに違うといっていたのがよく分かります。

サークル設営

 今回は自分の本は一切無いので全部詩唄いにお任せです。詩唄いは手慣れた感じで布を取り出し、その上にドシャァと謎の物体を置きます。それにしても、何ですかね、この物体
 組み立て式のチェインメイル用の什器を設置したらほとんど終わったようなもの。私のスペースと違って結構シンプルな作りなのに、チェインメイルのおかげで目立つのはさすがという感じです。もう本よりチェインメイルとガントレットの方が目立ってしまってますけど、それが狙いだと思います。本が増えた関係なのか、昔おいてあったコインとか馬は持ってきていないようでした。

【写真】6種類の本は全て平置き、後はチェインメイルとガントレットというシンプルなのによく目立つサークルスペース
α5100(ILCE5100) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F5.6, ISO1600, -3/10EV, 35mm equivalent focal length 36mm
Development in Adobe_Lightroom, Edit in Adobe_Photoshop

 そんなこんなで設営も順調に終わり、11時になると、いよいよイベントのスタートです。

イベント百景

終わり そして 宴へ

 「そうだ 京都 行こう」に似てますね。

【写真】柱が並ぶガレリア1F 拍手から拍手まできっちりと参加して、片付けをはじめます。今回はちょっとした打ち合わせがあるので、別のサークルの方を待ってからの出発になる関係で、ちょっと会場に長居することに。
 相手のサークルさんが宅配で荷物を搬出するということでそれを待っていたのですが、Twitter上に流れてくる「本日の最大手 宅配搬出」という旨のツイートと凄い列の写真を見て思わず「あ、これ、あかんやつや」と。
 ただ待っているだけだともったいないのですが、「そういえばビッグサイトの写真ってちゃんと撮ったことがない」と思い、撮影タイムに突入です。こういうのがあるって初めて気がついたんですけど、これ、なんだろう
 あと、ガレリアのベンチに座ってエレベーターを見ていたら、エレベーターのカゴが地下に潜っていって「ビッグサイトに地下室なんてあるの!?」と一同驚いたのですけど、後から調べてみたら駐車場がガレリアの地下にあるようです。何度も来ていましたけどこれは意外な発見!

 そんなこんなで無事に集合が完了したので、いよいよ宴…じゃなくて打ち合わせの会場へ向かいます。それにしても、こんな綺麗なビッグサイト、初めて見ましたよ…

 今回はいつも行くお店ではなく、別の店です。最近うざくなってきた銀の雫や金の蔵の客引きをスルーしてお店の中へ。
 電気街口のすぐ側に飲み屋が幾つか入ったビルがありますけど、その中で客引きをやっているのはこの2店舗だけなのですけど、他の店舗はいわゆる格安居酒屋ではないので、ここに違いがあるのかなーと。秋葉原はここ1・2年でチェーンの飲み屋が増えた印象がありますけど、お店が増えるだけならともかく客引きが増えるのはあまり気分がいいものではないですね。外で食べる時ぐらい、ちょっと割高でも美味しいものを食べたいものです。

 ということで宴の始まりです。まずはメニューを開いた時に気になった酒粕のポップコーンから。この写真の右下のタイムスタンプを覚えておくと、このレポートを楽しく読むことができます。
 一品目が来たところで自己紹介。といっても4人のうち3人はそれぞれが知っていて、私ともう1人の間だけでの挨拶です。前日にちゃんと名刺を持っていこうと思っていたのに、こういうときに限って忘れる駄目人間です。

【写真】一升瓶が4本並ぶテーブル 自己紹介が終わったところで宴に突入します。
 このお店は日本酒の種類が豊富で(連休の後半で流通が止まっていたからか結構品切れが多かったですけど)色々な食べ合わせを考えながら日本酒を飲み進めていきます。

【写真】150グラム(?)2500円の高級ステーキ
α5100(ILCE5100) + SEL24F18Z(E 24mm F1.8 ZA)
1/60sec, F2.0, ISO250, 0EV, 35mm equivalent focal length 36mm
Development in Adobe_Lightroom, Edit in Adobe_Photoshop

 それにしても、なんて酷い光景
 4人で別々の日本酒を頼んで、他の3人のを一口ずつもらいながら、食べ物を食べながら…と繰り返すこと4回(4×4で16種類)。大分遅くなってきたのでここでようやく〆のデザートです

 ポイントカードを忘れてきた詩唄いの代わりにさくっとポイントカードを提出(初めてのお店だったのですが系列のお店で作っていたポイントカードが使えた)してきっちりポイントをもらい、ほくほくしながら帰路につきました。GW期間中三度目のほぼ終電帰りということで、流石に疲れました。

 久しぶりのイベント参加で大分モチベーションが回復してきた感じです。これを機に少しずつでもいいから原稿を書き進めていければと思います。

初出: 2015年5月16日
更新: 2015年5月16日
著作: 鈴響雪冬
Copyright © 2015 SUZUHIBIKI Yuki