宿泊先一覧

  1. Home
  2. このサイト
  3. 自己紹介
  4. 鈴響雪冬
  5. 宿泊先一覧

 アルバムやスタンプ帳、荷札などから割り出した、今までに私が宿泊したホテルや旅館などの温泉地別一覧です。日付はチェックインした日付です。
 お勧めの宿には『おすすめ』と記述いたしました。ただし、宿泊当時のデータなので、現在では名称の変更他、運営母体の変更などによりサービスが変更されている可能性がありますので、ご注意下さい。

北海道

湯の川温泉

七重浜温泉

函館

留寿都(るすつ)

洞爺湖温泉

青森県

浅虫温泉

 当たり外れがおおいイメージの温泉街。新青森まで新幹線が通ってしまったため、今後が心配な温泉街でもあります。海辺の温泉街なので料理は魚介類が中心。

馬門(まかど)温泉

雲谷

青荷温泉

下風呂温泉

黄金崎不老不死温泉

南田温泉

大鰐温泉

八甲田

酸ヶ湯温泉

蔦温泉

城ヶ倉温泉

猿倉温泉

乳頭温泉

十和田湖

奥入瀬

薬研(やげん)温泉

黒石温泉(落合温泉)

岩手県

岩水温泉

花巻温泉

花巻南温泉

 全体的に泉質はとろとろ系。上流に行くほどとろみが増すような気がする。肌がすべすべになり何度でも浸かりたくなる温泉。

志度平温泉

大沢温泉

菊水館(2015年~2019年に渡って複数回) おすすめ
 湯治中心の「湯治屋」、旅館形式の「菊水館」、ホテル形式の「山水閣」の三棟が連なった宿の一つ。
 とにかく温泉がいい。川を眺めながら入るダイナミックな露天風呂(混浴、女性専用時間あり)は四季を眺めながら浸かるのに最適である。古い宿なので、洗い場がないタイプなので、気にする人は気にするかもしれない。内風呂は洗い場もあるのでそちらがお勧め。菊水館宿泊客専用の内風呂もある。
 食事は朝夕ともに食堂で食べるスタイル。田舎の料理という感じで素朴で美味しい。旅慣れている人が多い印象で、割と静かな環境。
 宿は昔ながら木造の和室。隙間風はもちろんカメムシも暖かさを求めて侵入してくる。おおらかに許せる人向け。だがそれがいい、と私は思う。
 2020年4月19日現在、菊水館へ向かう橋のたもとが崩落したため、旅館としては休館中。湯治屋や山水閣から徒歩で行けるため、現在はギャラリーとして営業中(冬期休業)。早期復活を願う。
山水閣(2019年2月9日)
 ホテル形式の山水閣。湯治屋や菊水館と違って現代的な宿。料理は菊水館より豪華になっている(確か菊水館でも山水閣と同じ料理を食べるプランがあったような…)。山水閣の宿泊客専用の内風呂もある。

山の神温泉

つなぎ温泉

鶯宿温泉

田野畑

一関

秋田県

十和田湖温泉

十和田温泉(2000年頃から複数回) おすすめ
 十和田湖周辺のホテル形式の宿では一番のお勧め。最初に泊まったときは創作料理中心であまりいい印象がなかったが、2015年にもう一度泊まったときに劇的に改善されていて驚いた。十和田湖の中でも観光地化された休屋や周辺から外れていることや価格帯もあってお客さんも落ち着いていてゆっくりと休める宿。十和田湖畔まで歩いて行けるほか、散策路もあるが、これもまた観光地化された場所から外れていることもあって静かに楽しめる。
 十和田湖の西側にあるため、朝日が十和田湖の上に登ってくる光景は幻想的である。そして露天風呂からそれを眺められる。
 この宿が秋田県側にあるのが悔しい。

湯瀬温泉

大湯温泉

龍門亭(2005年8月28日、2017年9月21日) おすすめ
 中庭の和風庭園がとにかく美しい。四季を通して楽しめるが、紅葉の時期が最もお勧めか。ライトアップも行っている。
 大浴場から眺める中庭は男風呂、女風呂で景色ががらりと変わる。24時で男女入れ替わりなので是非とも両方試して欲しい。
 食事は朝夕ともに部屋食で落ち着いて過ごせる。

田沢湖温泉

岳温泉

戸賀温泉

宮城県

秋保温泉

松島

作並温泉

山形県

天童温泉

上ノ山温泉

蔵王温泉

堺屋 森のホテル ヴァルトベルク
紅葉を眺めながら入る川縁の露天風呂がよい。

銀山温泉

旅籠いとうや(2014年9月24日)とてもおすすめ
こぢんまりとした宿。料理が特に良い。おもてなしもよし。
旅館藤屋(2017年10月20日)
 

福島県

常磐

茨城県

大洗温泉

栃木県

柏倉温泉

群馬県

磯部温泉

伊香保温泉

 群馬県の温泉の中では温泉街の雰囲気として一番好きなのが伊香保温泉である。

草津温泉

水上温泉

猿ヶ京温泉

川原湯温泉

 悪く言えば寂れた、よく言えば趣のある温泉街。八ツ場ダムの影響で住民の多くが既にその土地を離れており、営業している宿もかなり少なくなっています(2010年11月15日、旧湯本周辺の宿は全て休館しています)。

尻焼温泉

四万温泉

 深い森に囲まれた温泉街で、紅葉が美しいと思われます。川沿いに発展しているので、歩いているとつねに川の音が聞こえてきます。ただ、温泉街全体が南北に長く、各種観光スポットを容易に廻ることができないのが玉に瑕。水面が真っ青なことが有名な奥四万湖ですらアクセスが不便です。

石川県

和倉温泉

長野県

別所温泉

 歩いていける範囲に多くの観光スポットが点在していて、チェックインの前やチェックアウトの後にぐるりと一周回ってみることをお奨めします。社寺建築はその多くが独特のたたずまいで、一見の価値があります。

乗鞍高原温泉

渋温泉

三重県

賀田(温泉名不明)

尾鷲シーサイドビュー(2018年10月25日) おすすめ
 湾を眺める小さなホテル。海のすぐ側にお風呂がある。海側から見えてるんじゃないかな…。湾の中でも奥まったところにあり、水面がとにかく静か。波の音も囁くぐらいである。
 天然クエを筆頭に賀田湾やその近辺で水揚げされる魚を中心にした料理がとにかく美味しい。公共交通機関では行きづらい宿だが行く価値はある。
 広縁から眺める賀田湾の美しさも一品。

赤目温泉

 滝川川沿いにある温泉地。アルカリ単純温泉、さっぱりとした泉質。春先と紅葉の時期がおすすめか。

対泉閣(2020年4月5日) おすすめ
 比較的大きなホテル。ホテルと言うこともあって料理は余り期待していなかったが、いい意味で裏切られた。注文できる地酒のメニューも豊富でよい。
 川沿いの旅館だが露天風呂から川が見えるわけではないので少し残念。 桜の木が植えてあり、春先の花見風呂は風情がある。
 一人用のプランがある(重要事項)。

榊原温泉

京都府

天橋立温泉

兵庫県

城崎温泉

心の宿三國屋(2021年9月21日)おすすめ
3つある内風呂が全て貸し切りタイプというくつろげる宿。料理もよし。

和歌山県

南紀勝浦温泉

万清楼(2020年9月23日)おすすめ
料理旅館を名乗るだけあって夕食・朝食ともに良質。
こぢんまりとして落ち着いた雰囲気の旅館。

渡瀬温泉

わたらせ温泉 ホテルやまゆり(2020年9月24日)
とにかく広い広い露天風呂が目玉。
初出: 2004年08月21日
更新: 2021年11月17日
著者: 鈴響 雪冬
Copyright © 2004-2021 SUZUHIBIKI Yuki